料理教室で人生で初めての食材、「鶏の砂肝」

標準

友人に誘われて、料理教室へ行きました。一回だけの体験で、良ければ契約、というお試しでした。普段から料理はしていましたが、母親はもちろん、プロから学ぶのは初めてでした。エプロンを持参するように言われ、慌ててかいに行きました。普段から日常的に料理をする人ほど、エプロンなんてつけていないないのではないでしょうか・・・?教室は駅からも近いビルに入っており、外から中の様子よく見えるよう、ガラス張りになっていました。友人はその料理教室のパンコースでしたが、体験では料理コースに付き合ってもらいました。広い教室内には、水道場、調理台(コンロ付きの長テーブル)、冷蔵庫、オーブンレンジがそれぞれ複数ずつ、それぞれのコーナーのように固まって配置されていました。講師は若い女性も多く、活気が感じられます。

メニューのひとつに、砂肝のサラダがありました。材料はもちろん教室側が用意してくれます。砂肝は人生で初めて扱う食材でした。また、普段の料理ではあまりしない「見映えをよく盛り付ける」とうことも教わりました。我流ではなく、プロに教わる料理教室ならではの経験です。体験する前に、友人から念を押されていたことですが、勧誘がとても激しい(熱心)でした。契約するだけして、合わなかったら途中でやめればいい、その日のうちにローンを組まされそうになッたりしました。